ウーパールーパーの平均寿命と長生きさせる飼育方法について。

up

さて、前回はウーパールーパーが唐揚げで食べることができるなんて話をしましたが、ネットではそれについて「食べるなんてかわいそうだよ。」などというコメントも見受けることができました。まあ、確かに一般的にはウーパールーパーといえば観賞用のペットですからね。

基本的に食べるという発想はないかと思います。ちなみに、ウーパールーパーの寿命は一般的に5~8年程度といわれています。小さい生き物にしては結構長いのではないかななんて思ったんですが、中には20年以上も生きるものもいます。

確かに、よく考えてみるとサンショウウオってのは長生きしますからね。もちろん、しっかりと飼育すればの話ですよ。また、オス、メスの平均寿命も変わりませんし、アルビノだからといって寿命が短くなるとかそういうこともなくこれぐらいの寿命です。

しかし、中にはウーパールーパーの飼育が難しくてすぐに死なせてしまった事例もあるのではないでしょうか?せっかく10年近く生きる生き物です。しっかりと育ててできるだけ長生きさせてあげましょう。

何故、あなたのウーパールーパーは寿命が短いのか?

up2

もともと死にそうなウーパールーパー

ペットを購入するときに意外と軽視されがちなのは選ぶのにこだわっていないことです。店員さんがペットを選べる人ならよいのですがアルバイトの人で適当に選んでしまうような人だったら最悪です。その時点でどうなるかは決まるでしょう。

病気にかかりやすい環境

ウーパールーパーはそんなに強い生き物ではありませんので水質や水温の変化によって弱ったりします。特にこれは基本になりますが購入したときにそのまま準備していた水槽にぶち込むのは最悪です。最低限、袋のまま水槽に入れて慣らしてから放流するようにしましょう。また、適温は15~20℃になりますから夏はヒーターを止めて場合によってはクーラーで調整。冬はヒーターで管理するようにしましょう。

水槽が汚い

水槽はマメに掃除していますか?例えば僕は魚を買うときは外部ろ過機を使用します。何故、外部ろ過装置を使用するかといえば上面ろ過装置や底面ろ過装置、投げ込み型ろ過装置などと比べるとろ過力が高いからです。ただ、その反面電気代もかかりますけどね。

もちろん、外部ろ過装置以外のものでも構いませんが、その代わり水槽の掃除の頻度はしっかりと行うようにしましょう。水槽に藻がたくさん生えている。ウーパールーパーが動いたときに糞や餌などが舞うような状況を長期間放置していてはストレスになりますから掃除するようにしましょう。

餌の量がダメ

これは少し難しい話になりますが、エサが多くても少なくても駄目であり程よい量を与えられていないとすぐに死ぬ可能性があります。ただ、エサの与えすぎは注意しましょう。基本的にエサはそんなに与えずとも生き延びるので基本的にあまり餌に関してはやらないでも大丈夫と考えてください。

元気のよいウーパールーパーの選び方

up3

水面に浮いていない

水面に浮いているウーパールーパーは絶対に選んではいけないものです。もう元気がなくて死にそうか、もしくは何かの病気にかかっている可能性があります。店員さんがそんなウーパールーパーを捕まえようとしたら拒否しましょう。

手足が生えている

おそらくこれがウーパールーパーを食べると長生きすると考えられている要因かもしれませんがウーパールーパーは再生能力を持っています。そのため、手足がなくなっても再生するのです。しかし、だからといって、傷をつけてしまった以上そこからばい菌が入るリスクがあります。ましてや水槽の中です。そういったものは選ぶのはやめましょう。

綺麗なえらをしている

魚もそうなのですがえらがきれいかどうか?これは重要なことです。たとえば、えらから体にかけて白い斑点がはいっているようなウーパールーパーは完全に病気です。そして、体に白いものが付着していないか?もし付着していたら水カビの病気を発症しているかもしれません。

ウーパールーパーの寿命を延ばす食事方法

aka

エサは量と頻度を守る

エサは与えすぎてもいけません。特に成人しているウーパールーパーは餌なんて3日に1回与えれば十分です。幼生ならば1度に食べられる量も決まっているので毎日1回だけアカムシを4分の1程度与えればよいでしょう。人間と同じで食べ過ぎは体に毒です。できるだけ食べないような生活を送らせてあげればそんなには心配することもなさそうです。

配合飼料に偏らない

配合飼料は死んでいる餌なのでインスタント食品です。なので配合飼料だけ与え続ければ寿命は自然と短くなります。ですので、生きたメダカ、アカムシなども与えてあげましょう。生きている餌には重要な酵素が含まれているので生命力も上がりやすくなります。ただ、注意すべきなのは捕まえてくるというのはなしです。環境汚染された河川で捕まえた魚は毒ですからペットショップで買った生き餌を与えればよいです。

ウーパールーパーの寿命を延ばすために必要なこと

isi

水質は清潔に保つ

水質が汚いと寿命は短くなります。そのため常に水質はきれいにしておきましょう。ろ過装置にもよりますが最低でも1か月に1度は水替え、水槽、砂、ろ過フィルタの掃除を行ってあげます。そして、ウーパールーパー購入前の準備や水替え時に麦飯石などを使用して水質を完全にきれいにしてあげるとよいです。また、水質にこだわるなら外部ろ過装置を使用することをおすすめします。

水温を適温に保つ

ウーパールーパーはどちらかというと寒さに強い生き物です。しかし、適温は15~20度程度になりますから冬はヒーター、夏はクーラーで温度調節を行うことによりしっかりと飼育することができます。