ウーパールーパーの食用って?唐揚げが東京・大阪で食べられるらしい。

up4

さて、ウーパールーパーってご存知ですよね。水族館へ行ったことがある方であればだれでも一度は見たことがあるのではないでしょうか?実は、先ほどYahooニュースで大津市内の河川で田上小5年の上野晋太郎くんがたまたま捕まえたというのです。

滋賀県立琵琶湖博物館によれば県内、県外で発見されたのはこれが初めてだといいます。ウーパールーパーはメキシコ原産のトラフサンショウウオ科でありますから日本に生息しているわけがないのです。

まあ、最近はブラックバス、ブルーギル、カムルチー以外の外来魚なんかも誰かが飼いきれず逃がしたものが繁殖している事例もありますがウーパールーパーに関してはそれはないようです。ちなみに、そのウーパールーパーは誰かが放したものだと推測されています。

上野君はこのウーパールーパーを飼育して自由研究のネタにするそうです。さて、そんなウーパールーパーって実は東京、横浜、大阪で食べられているってのはご存知でしょうか?まあ、飼育しているものは食べるのは…

愛情とかその辺もあるかもしれませんけど、何より一番ダメでしょってのが、水槽に薬を入れたりしますし、仮に入れてなくても長時間飼育したものってのは餌に何を使っているか?汚れた水を吸っている。そんなの食べられますか?

ですから、基本的に養殖する場合ってのは食べても大丈夫な環境で育てるんです。普通の素人が狭い水槽で飼っているものなんて食べるのは自由ですがあんまりおいしくはないと思います。体にも良いとは思えません。

ちなみに、東京、横浜、大阪にはゲテモノ料理店がございましてそこで食用のウーパールーパーを唐揚げにして出しているようです。ゲテモノとはいいますがもともとウーパールーパーってサンショウウオですからね。ハゼとそんなに変わらない気もします。

kara2 これがウーパールーパーを唐揚げにしたものです。見た感じは普通のハゼの唐揚げと全く変わりません。これはハゼの唐揚げですよと出されたら全く疑いなく食べてしまうことでしょうね。ちなみに、本場のメキシコでは古代から不老長寿の薬として食べられていたそうです。

ただ、ウーパールーパーを食べてもそんなに長い生には直結しないと思いますけどね。ちなみに、話によると味はささみに近いとか。プルプルとした鶏肉の軟骨のような味がするとか。そんな感じのコメントがありました。

まあ、確かにそれはあるかもしれませんね。同じ両生類であるカエルを一回食べたことがあるんです。ウシガエルですけどね。あれの唐揚げが鶏肉にかなり似ている味がしましたのでサンショウウオであるウーパールーパーもそんな味がしても不思議ではありません。ちなみに、このウーパールーパーの唐揚げは1本1980円もするらしいのです。

珍獣屋 アクセス:根岸線 桜木町駅 徒歩5分
宝雪酒房 アクセス:JR片町線 四条畷駅東口 徒歩2分
おおくら屋 アクセス:JR草津駅 徒歩3分

このお店で食べることができますから興味のある人はどうぞ行ってみてください。