ウーパールーパーの水槽の選び方と水質管理を行う方法について。

up

これからウーパールーパーを飼育するとして水槽を選ぶというのは非常に重要なことです。それに、何匹飼育するかにもよって水槽の大きさは変わりますし、小さいころであればそんなに大きな水槽ではなくても良いのですが大きくなったらさすがに小さい水槽では飼育が難しくなります。そこで、今回は水槽の選び方について解説していきたいと思います。

ウーパールーパーの水槽の選び方について。

suisouまず、第一前提としてウーパールーパーはオスであれば25センチ、メスであれば21センチ程度までは成長します。それを考慮して水槽を選びましょう。小さいころであれば30センチ程度の水槽やぷらケースでも十分です。

ところが、この容器に成長したウーパールーパーを入れたらどうなるでしょうか?とてもではありませんがリラックスすることができませんよね。これから生き物を飼育するという人にとっては30㎝の水槽って大きいのかもしれません。

しかし、実際30㎝水槽というのは最低クラスです。その上に、45㎝、60㎝、75㎝、90㎝、120㎝、特注とあります。さすがにウーパールーパー程度であれば60㎝もあれば十分かと思います。ちなみに僕の実家のベーシックは60㎝です。

つまり、60㎝水槽であれば大体の生き物は飼育することができるということです。では、高さはどうあるべきか?ウーパールーパーは基本的に水の中で暮らしますが呼吸をするために一時期的に水面に向かうことがあります。

そのため、浅いほうが良いのですが普通の水槽であればまったく問題ないと思います。そこをこだわって高さの低い水槽にしても良いと思いますし、それはそのままにするというのでもオーケーだと思います。逆に言えば、高さがある水槽であれば水がたくさん入るため水温を安定させるという意味ではおすすめです。

では、水槽はガラスかアクリルかどちらが良いのでしょうか?正直どっちでもオーケーです。手軽にショップで購入できるのはガラスですがその反面丁寧に扱わないとちょっとしたミスで割る可能性があります。

しかし、アクリルであればガラスのように固くはありませんからちょっと衝撃を加えただけではまずは割れません。落としても割れませんし、重くもありませんからよいのですが、少しお値段が高くなります。コスパを考えるならガラスですかね。

ウーパールーパーの水質を作るために必要なこと。

roka

ウーパールーパーは意外とデリケートで水質が汚いのはあまりよくないですし病気にかかるリスクが高くなります。日本のサンショウウオも比較的きれいな山の水で育ちますからやはり普段から生き物が住みやすい水質環境を作ることがベストです。そこで飼育において必要なことについてまとめてみましたので参照ください。

水質環境を整える

水槽で生き物を飼育する準備として水質を整える必要があります。準備するのは水槽、砂、隠れ家、水となります。初めに砂や隠れ家となる石、塩ビ管をしっかりと洗って必要であれば熱で滅菌することをお勧めします。

僕は、砂に熱湯を入れて冷まして洗ったり、夏であれば天日干しをしてから洗ったりなどしておりました。そうすることによって砂に付着しているバクテリアや細菌をある程度殺すことができるからです。特に、彼らは乾燥に弱いので乾燥させることで減らすことができます。

水は水道水を入れるのですがその後麦飯石溶液でカルキを抜き水質をきれいにします。これで水質環境を整えることができます。後は数日ろ過装置を回して完全にきれいな状態を作ります。

ろ過装置は何が良いのか?

ろ過装置といいましてもいろいろなものがありますよね。オーソドックスなものであれば上面ろ過器、底面ろ過器、投げ込み式ろ過機とかこの辺でしょうか?しかし、経験則からいいますとこれらのろ過能力はそこまで高くはありません。

比較的早くフィルターが汚れ水質も汚染されます。では、どんなろ過装置が良いのかといえば、個人的には外部式ろ過装置です。これも水槽の大きさによって効果のあるなしが決まりますがかなりいいですよ。ただ、全体的にお値段もしますが一度購入してしまえばよいマシーンです。水質をきれいにするならこれですね。

それに外部設置型なので水槽内での場所はほとんどとらないのです。そのため、水槽をレイアウトしたり、ほかのポンプを入れるのであればこれはオススメですよ。この辺をしっかりとやっておけば水質環境はずいぶんと整うはずです。